NY原油(13日):5日続落、供給過剰を懸念-終値84.05ドル

ニューヨーク原油相場は5営業 日続落。国際エネルギー機関(IEA)が石油輸出国機構(OPE C)非加盟国の今年の石油供給見通しを上方修正したほか、米原油 在庫が増加したと予想されていることから、供給懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。