【起債予定】ラッシュ続く-積水ハウス、NTTデータ、みずほCB

複数の証券会社や発行体の担当者 によると、14日以降の国内普通社債(SB)、円建て外債(サムライ 債)、財投機関債、地方公社債、投資法人債の起債予想は以下の通り。 格付け会社名は、R&Iが格付投資情報センター、JCRは日本格付 研究所、S&Pがスタンダード・アンド・プアーズの略。

●国内普通社債(SB)

みずほコーポレート銀行(MIZC)が国内SBの発行を準備してい る。 年限は5年、発行額は1300億円を予定している。主幹事はみず ほ証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa3、S&PがA+、 R&IがA+、JCRはAA-としている。条件決定は14日予定。

NTTデータ(9613)が国内SBの発行の準備を始めた。年限が 5年と10年の2本建てで、総額600億円以上を発行する予定。主幹 事は、5年がみずほ証券、三菱UF証券、野村証券、10年はみずほ証 券、大和証券キャピタル・マーケッツ、日興コーディアル証券が務め る。格付けは、R&IがAA+、JCRがAA+としている。条件決 定は14日を予定している。

積水ハウス(1928)が国内SBの発行を準備している。年限は5 年、 発行額は700億円を予定している。主幹事は、三菱UFJ証券、 野村証券、みずほ証券が務める。格付けは、R&IがAA-、JCR がAAとしている。条件決定は14日を予定している。

クレディセゾン(8253)が国内SBの発行を準備している。年限 は3年、発行額は100億円を予定している。主幹事は三菱UFJ証券 が務 める。格付けはR&IがA+としている。条件決定は15-16日 頃とみられる。

三井不動産(8801)が国内SBの発行を準備している。年限は 10 年、発行額は100億円を予定している。主幹事は日興コーディア ル証券が務める。格付けは、ムーディーズがA2、S&PがBBB+、 R&IがA+、JCRはAA-としている。条件決定は15日を予定。

住友金属工業(5405)が国内SBの発行を準備している。年限は 6年で発行額が100億円を予定している。主幹事は日興コーディアル 証券が務める。格付けは、JCRがAA-としている。

住友化学(4005)が国内SBの発行を準備している。年限が5年 と 10年の2本建てで、発行総額は400億円程度。主幹事は、5年が みずほ証券、野村証券、10年は野村証券、大和証券キャピタル・マー ケッツ、 日興コーディアル証券、みずほ証券が務める。格付けは、ム ーディーズがA3、R&IがA、JCRはA+としている。条件決定 は16日を予定している。

東京地下鉄(TRTAZ)が国内SBの発行を準備している。年限が 10 年と20年の2本建てで、主幹事は、野村証券、日興コーディアル 証券が務める。格付けは、R&IがAAとしている。条件決定は16 日を予定。

森ビル(MBDZ)が国内SBの発行を準備している。年限は3年、 発 行額は100億円の予定。主幹事は、三菱UFJ証券、日興コーデ ィアル 証券、みずほ証券が務める。格付けは、JCRがA-としてい る。条件 決定は最短で21日ころを予定している。

全日本空輸(9202)が国内SBの発行を準備している。年限は5 年、 発行額は100億円程度。主幹事は野村証券が務める。格付けは、 ムーディーズがBa2、R&IがBBB+、JCRはA-としている。

アサヒビール(2502)が国内SBの発行を準備している。年限が 5年で、主幹事は、野村証券、大和証券キャピタル・マーケッツ、日 興コーディアル証券が務める。格付けは、R&IがA+、JCRがA A-と している。

日産自動車(7201)が国内SBの発行を準備している。年限など は未定。主幹事は、日興コーディアル証券、ゴールドマンサックス証 券、みずほ証券、メリルリンチ日本証券が務める。格付けは、ムーデ ィーズ がBaa2、S&PがBBB、R&IがA-、JCRがAとし ている。

ヒューリック(3265)が国内SBの発行を準備している。年限は 5年を予定している。主幹事は、みずほ証券、野村証券、みずほイン ベスターズ証券が務める。格付けは、ムーディーズ がA3、JCRが A-としている。

サンケイビル(8809)が国内SBの発行を準備している。年限は5 年、主幹事は大和証券キャピタル・マーケッツ、みずほ証券が務める。 格付けは、R&IがA-、JCRはAとしている。

●円建て外債(サムライ債)

ナショナル・オーストラリア・バンク(NAB AU)がサムライ債の 発 行を検討している。主幹事は、シティグループ証券、野村証券、み ずほ 証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa1、S&PがAA として いる。

●財投機関債、地方公社債

日本政策投資銀行(DBJZ)が財投機関債の発行を準備している。 年限が3年と5年の2本建てで、発行額は各200億円を予定している。 主幹事は2本とも、大和証券キャピタル・マーケッツ、日興コーディ アル証券、野村証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa2、S &PがAA-、R&IがAA、JCRがAAAとしている。条件決定 は21日を予定している。

日本政策金融公庫(JPFINCZ)が財投機関債の発行を準備してい る。 2年600億円、5年400億円、20年が150億円の3本建て。 主幹事はすべて、野村証券、大和証券キャピタル・マーケッツが務め る。ムーディーズがAa2、S&PがAA、R&IとJCRがAAA としている。条件決定は、27日から30日。

鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRCTTZ)が財投機関債の発行 準備を始めた。年限は4年、発行額は400億円程度を予定している。 主幹事は、三菱UFJ証券、日興コーディアル証券が務める。格付け はムーディーズがAa2、R&IがAAとしている。

住宅金融支援機構(JHLCZ)がSB型財投機関債の発行を準備し て いる。年限は5年、10年、15年、20年の4本建て。主幹事は、 三菱U FJ証券、野村証券、ゴールドマン・サックス証券が務める。 格付けは、ムーディーズがAa2、S&PがAA、R&IがAAAと している。条件決定は5月中旬を予定している。

福祉医療機構(SWMZ)が財投機関債の発行準備を始めた。3年債 と10年債の2本建てを予定している。主幹事は、3年が三菱UFJ 証券、みずほ証券、10年は三菱UFJ証券、野村証券が務める。格付 けは、R&IがAAとしている。

都市再生機構(UDCZ)が財投機関債の発行を準備している。年限 や発行額は未定。主幹事は日興コーディアル証券、三菱UFJ証券が 務める。格付けは、ムーディーズがAa2、R&IがAA、JCRは AAとしている。

中日本高速道路(CNEXPZ JP)が財投機関債の3本建てを準備し て いる。発行額は、5年債が250億円、7年債が100億円、10年債 が150 億円で、総額500億円を予定している。主幹事は、5年が大 和証券キャピタル・マーケッツ、日興コーディアル証券、7年が大和 証券キャピタル・マーケッツ、野村証券、日興コーディアル証券、10 年債は野村証券 が務める。格付けは、ムーディーズがAa2としてい る。

日本学生支援機構(JSFZ)が財投機関債の発行を準備している。 2 年債を7月、9月、11年2月、3年債は11月に発行予定で、発 行額は 各400億円。格付けは、R&IがAA、JCRがAA+とし ている。

●投資法人債

ジャパンリアルエステイト投資法人(8952)が投資法人債の発行 を準備している。5年債で、発行額は100億円を予定している。主幹 事は、みずほ証券が務める。格付けは、ムーディーズがA1、S&P がAA-、 R&IがAAとしている。条件決定は15日ころの見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE