円が対ドルで一時93円36銭に下落-民主議連が120円維持提言との報道

東京外国為替市場では、デフレ脱却 を掲げる民主党の議員連盟が、参院選のマニフェスト(政権公約)策定 に向けた要望案の中で円相場を120円前後を目安に適切な水準を保つよ う努力するなどの提言をまとめたとのロイター通信の報道を受けて、円 が対ドルで一時1ドル=93円36銭まで下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。