Jフロント:今期純利益13%増予想、経費削減継続して連続増益に

国内百貨店2位J.フロントリテ イ リングは、今期(2011年2月期)連結純利益が前期比で13%増加 すると予想した。個人消費伸び悩みで減収が続くが、経費削減を進め て利益を確保する。

Jフロントが13日開示した決算短信によると、今期純利益は92 億円(前期は81億7000万円)に増える。人件費や広告宣伝費の削減 を継続する上、店舗改装などに伴う特別損失も減り、連続で増益を確 保する。 売上高予想は1.3%減の9700億円。配当は年7円を据え置 く。

大丸と松坂屋の持ち株会社Jフロントの株価は、前日比1円 (0.2%) 安の597円でこの日の取引を終えた。6日に607円まで 上げてほぼ1年半ぶりの高値を付けており、この水準を維持している。

前期純利益は前の期に比べて14%増加した。経費削減、効率化を 進めた。売上高は10%減の9825億円。配当は期末のみの7円として、 前の期からは1円減配した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE