米リーマン:「分身」企業活用でリスク移転、破たん前に-NYT

米リーマン・ブラザーズ・ホール ディングスは破たん前に、自社が経営権を持つ「分身」企業にリスク 投資資産を移管していた。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が 同社の内部文書と複数の元従業員の話を基に報じた。

リーマンは簿外会社「ハドソン・キャッスル」を利用することで 破産申請前の財政状態をあいまいにしていた可能性があると、元トレ ーダーの1人が同紙に語ったという。同社はハドソンとの関係を公表 していなかったが、これは誤解を招く会計手法や不正取引として摘発 されてはいない。

ハドソンのような簿外会社はおおむね規制当局の管轄外にあり、 ウォール街企業はこれらを利用してリスクの高い投資資産を現金に転 換し財務を実際よりも堅固に見せることができる。大手銀行はこのよ うな取引を続けているが、これらの簿外会社の社名は広く開示されて はいないと同紙は解説している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE