円が急反落、民主議連120円維持提言との報道で-対ドル93円前半

日本時間午後遅くの外国為替市 場では円が急反落している。民主党の議連が円相場を1ドル=120円 前後を目安に適切な水準に保つよう努力するとの提言をまとめたとの 報道が手掛かりとなっている。

円は対ドルで一時、1ドル=93円41銭まで下落。東京市場日 中の取引で付けた2週間ぶり高値、92円58銭から1円近く値を下 げている。

ロイター通信によると、民主党の有志議員による「デフレから脱 却し景気回復を目指す議員連盟」は13日、参院選のマニフェスト (政権公約)策定に向けた要望案を取りまとめた。デフレからの完全 脱却に向け、金融政策と財政政策のあらゆる手段を一体的に駆使する とし、円相場については購買力平価を参考とし、120円前後を目安に 相場が適切な水準を保つよう努力する、と提言した。

円は対ユーロでも一時、1ユーロ=127円8銭まで下落。東京市 場では125円70銭の高値を付けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE