中国:国有銀行に非銀行事業からの撤退要請も-業績が低調なら

中国は国有銀行に対し、業績が比 較的低調な事業からの撤退を求める可能性がある。銀行当局は昨年の 融資急増を受け、金融リスクを制限する動きに出ている。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の蒋定之副主席は13日、 北京で開かれた会合で、銀監会が国内の5大銀行に対し、過去数年間 に設立した非銀行部門の業績検証を指示したことを明らかにした。

中国工商銀行(ICBC)や中国建設銀行などは、融資事業への 収益依存低下に向けてここ数年間に資産運用や保険、リース事業に参 入した。蒋副主席は、非銀行部門が業績面で競合会社や自社の中核と なる銀行業務に劣った場合、銀行はこうした事業からの撤退を余儀な くされる可能性があると指摘した。

中国政府は昨年の1兆4000億ドル(約129兆7000億円)に上 る融資ブームが金融混乱の引き金になる事態を阻止するため、銀行に 対する監視を強化している。

--Zhang Dingmin, with assistance from Luo Jun in Shanghai. Editors: Philip Lagerkranser, Andreea Papuc

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Dingmin Zhang in Beijing at +86-10-6649-7576 or dzhang14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE