米S&P500種、RSIが1986年以来の力強さ示す-テクニカル分析

米国の株式相場は1986年以来最も 力強い勢いを得ているようだ。ブルームバーグのデータによれば、S &P500種株価指数の14日RSI(相対力指数)は、先月5日から連 続で65を突破、1995年以来最長となった。4月13日の取引でも勢い を持続すれば27営業日連続となり、過去24年間で最長を記録する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。