山口日銀副総裁:人民元上昇は中国の輸出下押す一方で内需の支えに

日本銀行の山口広秀副総裁は13 日午前、参院財政金融委員会で、人民元が上昇した場合に中国経済に 与える影響について「輸出を下押しする」面がある一方で、「結果と して企業や家計の所得を支えることを通じて内需の増加を支える側面 もある」と述べた。自民党の牧野たかお氏の質問に答えた。

山口副総裁は「仮に人民元が上昇した場合、定性的には輸出を下 押しするということがあるが、実際にどの程度下押しするかは定かで はない」と述べる一方で、「人民元の上昇自体は原材料や最終製品の 輸入コストを引き下げるという面もあり、結果として企業や家計の所 得を支えることを通じて内需の増加を支える側面もある」と指摘。

その上で「人民元の動向については、輸出の動向と内需の動向を バランスよく点検しながら評価していく必要がある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE