ユーロ:長期的には一段の下落余地、構造的な懸念で-モルガンS

ユーロ圏各国の構造的な懸念から ユーロは一段と下落する余地がある。米モルガン・スタンレーのグロ ーバル為替ストラテジー共同責任者、ソフィア・ドロッソス氏(ニュ ーヨーク在勤)がこうした見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。