Monot株が7カ月ぶり高値、既存顧客の注文回復で大幅増益へ

工場用間接資材のネット通販を手 掛けるMonotaRO株が一時、前日比12%高の1685円と急反発。 2009年9月11日以来、約7カ月ぶりの高値を付けた。新規顧客の開 拓が順調な上、既存顧客の注文数も回復、月次売上高が高い伸びを示 している。成長加速などを期待した向きから買いが入った。

Monotは工場で使用する工具、ネジ、軍手などの消耗品をイ ンターネット上で販売している。12日公表の月次売上高速報によると、 3月は前年同月比31%増の15億2400万円となった。2月の13億200 万円と比べても17%の伸び。

いちよし経済研究所の納博司アナリストは、「前期は既存顧客の利 用減少で注文単価が落ち込んだが、足元で既存顧客の注文が回復した ようだ」と指摘。その上で、「新規顧客分が丸々収益に上乗せされるた め、非常にポジティブ」と話した。

同経研では、今期(10年12月期)のMonotの業績予想(非 連結)を売上高170億5000万円、経常利益13億3500万円と試算、売 上高で前期比17%増の166億円、経常利益で31%増の11億5000万円 とする会社側計画からの上振れを見込む。投資判断は「買い」、目標株 価を2000円と設定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE