新光電株が半年ぶり高値、パッケージ数量増期待-クレディS格上げ

半導体パッケージ大手の新光電気 工業株が一時、約半年ぶりの高値を付けた。FCパッケージ基板の数 量増加や歩留まりの改善などを理由に、クレディ・スイス証券は12 日付で投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を 1270円から1860円に引き上げており、今後の業績好転と株価の先高 期待が広がった。

きょうの新光電工株は一時前日比3%高の1544円と、2009年10 月22日(1550円)以来の水準を回復。2010年3月期の連結営業利益 見込み額は会社側の43億円に対し、ブルームバーグ・データに登録さ れたアナリスト17人の平均で54億円。さらにアナリストらは、11年 3月期は140億円への水準拡大を予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE