新光電株が半年ぶり高値、パッケージ数量増期待-クレディS格上げ

半導体パッケージ大手の新光電気 工業株が一時、約半年ぶりの高値を付けた。FCパッケージ基板の数 量増加や歩留まりの改善などを理由に、クレディ・スイス証券は12 日付で投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を 1270円から1860円に引き上げており、今後の業績好転と株価の先高 期待が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。