日本株は反落、輸出中心に景気敏感業種売り-円高や中国動向警戒視

東京株式相場は3営業日ぶりに反 落。テクニカル指標面からの短期的な過熱感が根強い中、為替相場で 円高が進行し、収益押し下げへの警戒で電機、自動車など輸出関連株 が安い。中国の為替政策による影響も見極めたいとして、鉄鋼や海運、 非鉄金属といった新興国景気に敏感な業種は東証1部の業種別下落率 上位を占めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。