新興市場株:下落-中国の不動産投機抑制観測や根強いギリシャ不安で

12日の新興市場株式相場は下落 し、ベンチマークの指数は1年8カ月ぶりの高値から反落した。中国 が不動産投機抑制策を強化するとの観測や、ユーロ圏による11日の ギリシャ支援計画の合意では債務懸念が緩和されなかったことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: