EU:ギリシャ支援でIMFと緊密に協調へ-アルタファイ報道官

欧州連合(EU)のアルタファイ 報道官は、ギリシャ向け金融支援が実施される場合の融資金利につい て、EUと国際通貨基金(IMF)はそれぞれ独自に設定すると述べ、 「わずかに異なる可能性がある」との見解を示した。

同報道官は12日、ブリュッセルで記者団に対し「われわれがユー ロ圏について決めるが、IMFはその後に独自に決定しなければなら ない」と説明、「だが双方に緊密な協調があることを言明する」と付け 加えた。

アルタファイ報道官はまた、ギリシャ支援策を実施する際、EU 首脳会議を招集する必要がないことを明らかにした。「ユーログループ (ユーロ圏財務相会合)が極めて迅速、効率的に発動することができ る」とした上で、ギリシャ支援の発動には「ユーログループの全会一 致の承認が必要だ」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE