ECB:市場機能はまだ完全に回復していない-引き続き関与が必要

欧州中央銀行(ECB)は、金融 危機後の市場環境が正常化しつつあるものの、ユーロ圏の金融市場に 対する同行の関与が引き続き必要だとの見解を示した。

ECBは12日発表した欧州の金融市場統合に関する報告書で、 「2009年を通じ、また特に10年に入ってから市場環境は徐々に正常 化しつつあり、危機による影響が最も深刻だった市場も危機前の状況 に戻り始めた」と指摘。

その上で、「欧州の金融市場の機能はまだ完全には回復していない ため、警戒とECBの市場での積極的なプレゼンスが引き続き不可欠 だ」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE