国連の温暖化対策会合は物別れ-コペンハーゲン合意の扱い先送りで

国連の温暖化対策に関してドイツ のボンで11日まで3日間にわたって開催された会合で、米国が主導し た温暖化対策に関するコペンハーゲン合意の扱いをめぐる決定が先送り された。2013年以降の温暖化ガス削減に向け新たな枠組みが採択され る可能性は薄れている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。