タイ株:下落、治安悪化で売り-バーツ値下がり、国債保有リスク上昇

12日のタイ株式相場は下落。治安 部隊と反政府デモ隊のバンコクでの衝突でこれまでに21人もの死者 が出る事態となったことを受けて、売りが加速した。通貨バーツは値 下がりし、タイ国債保有リスクは上昇した。

タイ株の指標であるSET指数は、前週末比28.76ポイント (3.6%)安の760.90で終了。咋年10月15日以来最大の下げとなっ た。ブルームバーグのデータによれば、バーツは前週末比0.3%安の 1ドル=32.33バーツ。

ドイツ銀行によると、クレジット・デフォルト・スワップ(CD S)市場でのタイのソブリン債CDSスプレッドは4ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇の108.5bp。CMAデータビジョ ンの調べでは、これは3月22日以来の高水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE