世界の小麦市場:過去8年で最大の供給過剰に-相場はさらに下落か

世界の小麦供給は今年、かなりの 高水準に達すると予想されるため、米国では作付けされていない農地が そのままの状態になる見込みだが、依然として供給は過剰となりそう だ。1-3月(第1四半期)の小麦先物相場は過去15年で最大の下落率 を示した。さらなる下落の兆しと言えそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。