露ルサール:09年通期は黒字、アルミ需要持ち直しが寄与

世界最大のアルミニウムメーカー、 ロシアのUCルサールの2009年通期(1-12月)純損益は8億2100 万ドル(約766億円)の黒字となり、前年の60億ドルの赤字から改善 した。アルミの需要が持ち直したほか、同社が25%出資するロシアの 鉱山会社ノリルスク・ニッケルの株価が2倍余り上昇したことが寄与 した。ルサールは12日、ビジネスワイヤを通じて決算を発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。