中国の貿易赤字は一時的、輸入物価上昇で元切り上げ圧力増大も

中国の貿易赤字は一時的現象で 終わる公算が大きく、輸入物価の上昇がインフレに拍車を掛ける 恐れがあり、人民元切り上げ論に弾みがつきそうだ。

中国政府やバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチと ANZバンキング・グループのアナリストらによると、4月の貿易 収支は再び黒字に戻る可能性がある。税関当局が10日発表した3月 の貿易統計によると、輸入は前年同月比66%増加し、貿易収支は約 72億ドル(約6700億円)の赤字となった。中国による貿易赤字の 計上は2004年以来となる。

ポールソン前米財務長官は10日、人民元の柔軟性拡大は消費を 促進し、「ますます必要な」インフレ抑制手段を中国政府に与えると 指摘。中国当局は2008年7月以降、元の対ドル相場を事実上固定し てきたが、ガイトナー米財務長官の先週の予定外の訪中によって、 これが撤廃されるとの観測が高まっている。

UBSインベストメント・バンクのレオン・ブリタン副会長は 10日のインタビューで、切り上げは「景気が相当過熱するリスク」 を阻止できるだろうと述べ、「騒ぎ立てないようにすればするほど、 中国当局が国内要因から何らかの行動に出る可能性が高まるという メッセージを、ガイトナー財務長官は受け取ったようだ」との見方 を示した。ブリタン氏は欧州連合(EU)の行政執行機関である 欧州委員会の元通商担当委員で、中国南部の海南島で開かれたボア オ・アジアフォーラムの会場で発言した。ポールソン長官もフォーラ ムでコメントした。

税関当局者によると、3月の輸入物価は原材料価格高を背景に 前年同期比で17%上昇した。ANZバンキング・グループの香港 在勤エコノミスト、リウ・リカン氏は「一次産品輸入の物価への 影響が一段と強まっている」とした上で、中国は「輸入インフレの 悪影響を抑制するために元高を必要としている」と指摘した。

--Michael Forsythe, Li Yanping, Stephen Engle, Wei Du. Editors: Paul Panckhurst, Mike Millard.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Yanping Li in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Dwyer at +61-2-9777-8651 or mdwyer5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE