米軍普天間移設問題:5月決着ほぼ絶望的に、実務協議を断念-読売

沖縄の米軍普天間飛行場移設問題 は、鳩山首相が公約する「5月末の決着」が10日、ほぼ絶望的となっ たと、11日付の読売新聞朝刊が報じた。政府がまとめた新たな移設案は 実現可能性が低いとして、米側が実務者による協議入りを拒否し、日本 側が同日、協議開催を当面断念する方針を固めたためとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。