【今週の債券】長期金利は1.3%後半か、米金利高警戒も好需給が支え

今週の債券市場で長期金利は1.3% 台後半での推移が見込まれている。景気回復期待を背景に米国市場の 金利先高観測がくすぶるものの、米10年債利回りの4%は節目との見 方が多く、国内市場では新年度入りの投資家の買いが金利高を抑制し そうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。