BRICsが決済通貨の多様化討議へ、SDR活用も-16日の首脳会議

ブラジルとロシア、インド、中国 (BRICs)は来週の首脳会議で貿易決済に利用する通貨の多様化 を討議する。4カ国はドル依存の低下を図っており、国際通貨基金(I MF)の特別引き出し権(SDR)の活用も話し合うという。ロシア のメドベージェフ大統領の経済顧問アルカディ・ドボルコビッチ氏が 明らかにした。

ドボルコビッチ氏は「自国通貨による貿易がBRICs首脳会議 の議題になるだろう」と9日、モスクワで記者団に語った。

同会議は16日にブラジリアで開催。BRICsの首脳会議は今度 で2回目となる。昨年6月にロシアのエカテリンブルクで開かれた初 会合では、IMFなどでの新興国の発言力強化や世界の通貨システム の一段の多様化を求めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE