米ムーディーズ、バルト3国の格付け見通しを「安定的」に引き上げ

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは、ラトビアとリトアニア、エストニアのバル ト3国の格付け見通しを引き上げた。3国の予想を上回る景気回復 を理由に挙げている。

ムーディーズは31日、リトアニアの格付け「Baa1」の見通し を「ネガティブ(弱含み)」から「ステーブル(安定的)」に引き上げ たと発表した。ラトビアとエストニアのそれぞれの「Baa3」と「A 1」についても同様に「ネガティブ」から「ステーブル」に引き上げら れた。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とフィ ッチ・レーティングスも、景気回復の兆しと財政赤字の削減策を理由 に過去2カ月間に3国の格付け見通しを同様に引き上げている。

ムーディーズのアナリスト、ケネス・オーチャード氏(ロンドン 在勤)は、「リトアニアの経済は従来予想や他のバルト諸国を上回るペ ースで安定化してきた」と指摘。ラトビアでは「リセッション(景気 後退)の最悪期は過ぎ、今後の景気回復が同国の財政や銀行部門を支 えるだろう。無秩序な通貨の切り下げは今や非常に起こりにくい」と 指摘した。3国の通貨はユーロに連動している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE