GMの業績回復、リコールによるトヨタの信用失墜で-ルッツ副会長

米自動車メーカー、ゼネラル・モ ーターズ(GM)のボブ・ルッツ副会長は、トヨタ自動車が世界で800 万台以上のリコール(無料の回収・修理)を実施した問題で信用を大 きく損なったことから、GMが今後、勢いを取り戻すとの見方を明ら かにした。

ルッツ副会長(78)は31日、ニューヨーク国際自動車ショーでイ ンタビューに応じ、「われわれは現在、計画を大きく上回っており、ま すます好調だ」と言明。「トヨタは、以前の神のごとき地位を二度と取 り戻せないだろう」と指摘した。

GMとトヨタはともに、4月1日に発表する3月の米自動車販売 台数がプラスになることを明らかにしている。両社とも3月には販売 奨励策を強化した。トヨタの2月までの自動車販売は、意図しない加 速に関連した不具合をめぐるリコール実施に伴い12%減少。GMは 13%伸ばした。

ルッツ副会長は、「シボレー・エキノックス」などの新モデルが利 益率拡大に寄与していることから、キャッシュフローと収益率が予想 以上のペースで改善していると説明した。また、昨年の政府主導によ る会社更生手続きを通じた再編により、コストが大幅に削減されたと いう。5月1日付でGMを退職する同副会長は、自動車業界で47年間 にわたって要職を務めた。

一方、トヨタの広報担当、マイク・ミシェルズ氏は「われわれは、 多くのすべきことがあることを承知している。引き続き、消費者の残 る懸念に対応していく必要がある」とした上で、「われわれの唯一の目 標は、個々の顧客のナンバーワン企業になることだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE