3月31日の欧州マーケットサマリー:株下落、ギリシャの銀行安い

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3534 1.3414 ドル/円 93.43 92.76 ユーロ/円 126.45 124.44

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 263.57 -.30 -.1% 英FT100 5,679.64 +7.32 +.1% 独DAX 6,153.55 +11.10 +.2% 仏CAC40 3,974.01 -13.40 -.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .96% -.01 独国債10年物 3.09% -.02 英国債10年物 3.93% -.06

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,115.50 +8.50 +.76% 原油 北海ブレント 82.11 +.83 +1.02%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は下落。米民間雇用者数が3月に予想外に減少したこ とや、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが複数 のギリシャの銀行の格付けを引き下げたことを嫌気した。

ギリシャの銀行EFGユーロバンクとギリシャ国立銀行はとも に下落。ムーディーズは両社を含む5行の預金と債務格付けを引き 下げた。英最大の鉄道運営会社ファーストグループも値下がりし、 ストックス欧州600指数構成銘柄では下落率2位となった。同社は 「業績の伸びが緩やかになる」との見通しを示した。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%安の263.57で引け た。同指数は月間では7.2%高、四半期ベースでは3.8%上昇した。 ギリシャの財政赤字削減を助けるため、欧州連合(EU)が同国へ の緊急金融支援で合意したことが背景にある。

この日は米ADP民間雇用者の統計が発表されると、下げに転 じた。労働市場の回復は大半のエコノミスト予想ほど力強くないと の懸念が強まった。

フォルティス・グローバル・マーケッツのシニア仕組み証券ス トラテジスト、フィリップ・ガイゼル氏は「下半期はあまり成長が 見込めず、『二番底』のシナリオもなおリスクとして残っている」 と述べた。

ギリシャの銀行が安い

EFGユーロバンクは2.9%安、ギリシャ国立銀行は2.6%値 下がり。ファーストグループは4.2%下げた。

一方、時価総額でアイルランド最大の銀行、アイルランド銀行 は24%急伸。昨年11月以来の大幅高となった。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が上昇。四半期ベースでもプラ スとなった。多額の財政赤字を抱える欧州諸国の資金調達不安が続 いており、安全資産としてのドイツ国債に対する需要が高まった。

この日のドイツ10年債利回りは年初来の最低まで3ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)まで迫ったが、その後はフラン スの国債入札を明日に控えて水準を戻した。

ギリシャ国債は軟調。米格付け会社ムーディーズ・インベスタ ーズ・サービスがギリシャの銀行5行の信用格付けを引き下げたこ とが売りにつながった。ギリシャが30日実施した国債入札は不調 だった。ギリシャ公債管理局の責任者、ペトロス・クリストドゥル 氏は、ドル建て債券を5月初めまでに発行する計画を明らかにした。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の債券ストラテジス ト、ピーター・チャットウェル氏は、「ギリシャの資金調達能力を めぐる懸念が高まる中、安全投資への需要でドイツ国債に買いが入 った」と述べた上で、ギリシャが「ドル建て債券が成功すれば全体 的な調達リスク低減につながるだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時29分現在、独10年債利回りは前日比1 bp低下の3.10%。一時は3.08%まで低下した。同国債(表面利率

3.25%、2020年1月償還)価格は0.11ポイント上げ101.27。2年 債利回りも1bp低下し0.96%となった。0.94%まで低下する場面も あった。

独10年債に対するギリシャ10年債のプレミアム(上乗せ金利) は前日比9bp拡大の342bp。一時は2月25日以降で最大となる 346bpまで拡大した。ギリシャの10年債利回りは前日比6bp上 昇の6.57%。ギリシャ2年債は24bp上昇の5.29%。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。英消費者信頼感が予想に反して悪化したこ とで、英国の景気回復が世界に後れを取るとの見方が強まり、過去 最低水準にある政策金利が維持されるとの見方が広がった。

2年債利回りは約4週間ぶり低水準まで1ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)に接近。英調査会社GfK・NOPの30 日発表によると、3月の英消費者信頼感指数はマイナス15と、4 カ月ぶり高水準となった前月のマイナス14から悪化。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト17人の予想中央値はマイ ナス13だった。金利先物動向によると、市場では利上げ観測が後 退した。この日の金利先物12月限は2bp低下し1.11%となった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニッ ク・スタメンコビッチ氏は、「景気回復は引き続き低迷しているこ とから、イングランド銀行(英中央銀行)による利上げは早くても 今年第4四半期より後になると考えている」との見方を示し、「こ れが短期債を支えるだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時35分現在、2年債利回りは前日比2b p低下の1.17%。一時は1.14%まで下げ、5日以来の低水準まで1 bp未満となった。同国債(表面利率5%、2012年3月償還)価格 は0.04ポイント上げ107.31。10年債利回りは3.95%と、前日から 3bp低下した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE