アイルランド銀行株急伸、資本調達計画を好感-政府経営回避の見通し

時価総額でアイルランド最大の銀 行、アイルランド銀行の株価が31日のダブリン市場で一時32%上昇 した。同社が「かなりの」規模の新規資本を民間投資家から調達して 政府が経営権を握ることを回避する見通しだと表明したことを好感し た。

アイルランド銀行株はダブリン時間午後零時30分(日本時間同 8時30分)現在、前日比0.35ユーロ高の1.64ユーロ。一時は0.41 ユーロ上げ1.70ユーロを付けた。CMAデータビジョンによると、 アイルランド銀の社債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ (CDS)のスプレッドは191ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)と7bp低下し、同社の信用の質に対する投資家の見方が改 善していることを示唆した。

アイルランドのレニハン財務相は30日、同国の銀行は融資をめ ぐる「最悪の」決定により破たんの危機にひんしたとし、総額で318 億ユーロ(約4兆円)の新たな資本が必要だと指摘した。このうちア イルランド銀行の必要額は27億ユーロ、アライド・アイリッシュ銀 行は74億ユーロ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE