インド株(終了):下落、1週間ぶり安値-ルピー高でインフォシス安い

インド株式相場は下落し、1週間 ぶり安値となった。ルピー相場の上昇で海外で稼いだ収益が目減りす るとの懸念から、ソフトウエア輸出企業を中心に下げた。指標のセン セックス30種株価指数は1-3月期を四半期ベースの上昇で終えた。

ソフトウエアでインド2位のインフォシス・テクノロジーズと、 同最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズは4営業日続落。こ の日のルピーの対ドル相場は0.3%上げ、年初来の上昇率は3.5%と なった。インドのソフトウエア関連企業は収入の約40%を米ドル建て で得ている。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比62.40ポイン ト(0.4%)安の17527.77で終了。1-3月期の上昇率は0.4%と、 ここ5四半期で最小にとどまった。

インフォシス(INFO IN)は1.1%下げ2615.95ルピー、タタ・ コンサルタンシー(TCS IN)は2.4%安の780.65ルピーで引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE