EU、ユーロ圏の経済ガバナンスを改善させる必要-欧州委報告書

欧州連合(EU)の欧州委員会は 31日、EUがユーロ圏の経済ガバナンスを大幅に改善させ、雇用市場 と金融業界の問題を調査する必要があるとの認識を示した。

欧州委はユーロ圏に関する四半期報告で、「雇用市場や製品・サー ビス市場、金融セクターの機能の問題が、経常収支目標からの逸脱の 大きな背景となっている。調査はこれを考慮する必要がある」と指摘 した。

少なくとも過去60年で最悪のリセッション(景気後退)に伴う失 業手当の増加と税収の減少を背景に、大半のユーロ圏諸国では財政赤 字がEUの定める対国内総生産(GDP)比を上回っている。

報告書は、「ユーロ圏の経済ガバナンスの大幅な改善の必要性が危 機で表面化した」と分析。「まず、全加盟国がEUの財政安定成長協定 を順守することを確実にする必要がある」と付け加えた。

-- Editor: Jones Hayden

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Jurjen van de Pol in Amsterdam +31-20-589-8526 or jvandepol@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Fraher at +44-20-7673-2058 or jfraher@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE