ECB:最後の6カ月物資金、供給額は179億ユーロ-予想下回る

欧州中央銀行(ECB)は、最後 となる6カ月物資金オペで、市場予想を下回る額を供給する。

ECBの31日の発表によると、応札額は179億ユーロ(約2兆 2500億円)。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想で は13人の中央値で600億ユーロと予想されていた。ECBは応札額 全額を供給する。金利は融資期間の政策金利の平均となる。

ECBは緊急導入した流動性措置を徐々に引き揚げつつある。ト リシェ総裁は今月、段階的な解除によって銀行が中銀資金への「依存 症」に陥るのを防げると述べていた。昨年6月に実施した初回の1年 物オペの供給額は過去最高の4420億ユーロに上った。

ECBはこの日、3カ月物オペで20億1000万ユーロを供給する ことも明らかにした。今回の入札は1%の固定金利だったが、4月か らは危機前と同じ変動金利での入札に戻す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE