中国人民銀:景気回復は一段と強固、流動性管理「厳しい」-報告書

中国人民銀行(中央銀行)は31 日、国内の景気回復が「一段と強固」なものになっていると指摘する とともに、融資が記録的な伸びとなっている後での流動性の管理は「厳 しい」との認識を示した。四半期ごとに開催される貨幣政策委員会の 会合後に公表した報告書で明らかにした。

危機に対応し導入された財政・金融面での景気刺激策を原動力と した内需により、中国経済は2009年10-12月(第4四半期)に07 年以来の高成長を記録。人民銀の報告書は、こうした景気加速を反映 している。中国政府は現在、不動産市場でのバブルを回避するため、 融資の伸び抑制を目指している。

貨幣政策委は、中国の金融政策を評価し、必要な変更を助言する ため四半期ごとに会合を開く。貨幣政策委には学術界から新たに3人 の委員が加わった。これまでは、退任した樊綱氏が貨幣政策委で唯一 の学者だった。新たに指名された周其仁氏は北京大学の教授、李稲葵 氏は清華大学の教授。夏斌氏は国務院発展研究センターの上級調査員。

-- Li Yanping. Editors: Chris Anstey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE