中国海洋石油:09年通期は34%減益-原油値下がりが響く

沖合石油探査で中国最大手、中国 海洋石油(Cnooc)の2009年通期決算は、アナリスト予想に届か なかった。原油相場が過去最高値から下落したことが響いた。

同社が香港証券取引所へ31日提出した資料によると、純利益は 295億元(約4030億円、1株当たり0.66元)と、過去最高を記録し た前年の444億元(同0.99元)から34%減少した。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたアナリスト15人の予想中央値は、305億5000万 元だった。

Cnoocの傅成玉会長は今年、石油・天然ガス生産量を最大 28%拡大することを目指している。また、中国の経済成長が回復した ことなどから、海外でのエネルギー資産獲得を狙っている。

国泰君安証券のアナリスト(深セン在勤)、劉谷氏は「需要が力強 く、中国は原油の半分以上を輸入しているため、Cnoocが資源確 保のために国外に目を向けるのは当然だ」と指摘。「Cnoocは極め て前向きな生産目標を掲げている」と語った。

-- John Duce and Wang Ying in Hong Kong. Editors: Ryan Woo, Ang Bee Lin

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 東京 蒲原桂子 +81-3-3201-2359 kkambara@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: John Duce in Hong Kong at +852-2977-2237 or Jduce1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Amit Prakash at +65-6212-1167 or aprakash1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE