フランクリン・テンプルトンの大原氏が退社-日本株運用を統括

米資産運用会社フランクリン・テンプ ルトン・インベストメンツで日本株運用を統括してきた大原透氏が3月末 で同社を退社したことが分かった。複数の関係者が明らかにした。フラン クリン日本法人広報部門も匿名を条件に、本人の意向で大原氏が退社した ことを確認した。

2000年にフランクリンに移籍した大原氏は、取締役運用本部長(C IO)として海外年金などの日本株運用に携わってきた。2006年にフラ ンクリンは香港の経済誌「アジアン・インベスター」の日本株式部門でベ ストパフォーマンス賞を受賞している。大原氏は東京海上火災保険(現東 京海上ホールディングス)在籍時の1978年から30年以上にわたり日本株 運用を手掛けている。退社について大原氏自身とは連絡がついていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE