ギリシャ:ドル建てグローバル債を発行-5月初めまでに(Update2)

ギリシャは4月の終わりか5月 の初めに、ドル建てのグローバル債を発行する計画だ。同国の公債 管理責任者、ペトロス・クリストドゥル氏が明らかにした。同国は 5月末までに116億ユーロ(約1兆4600億円)を調達する必要が ある。

同氏によると、5月分を含めたギリシャの今年の資金需要は 320億ユーロ。4月分の必要資金は「手当てした」と同氏は述べた。 ドル建て債の発行予定額については言及を避けた。米紙ウォールス トリート・ジャーナルが匿名を条件にギリシャ政府当局者が語った 話として伝えたところでは、発行額は50億-100億ドル(約4700 億-9400億円)になるもようだ。同氏は31日、ブルームバーグテ レビジョンのインタビューに応じた。

ノムラ・インターナショナルのシニア債券ストラテジスト、チ ャールズ・ディーベル氏は「ギリシャは今年既に5年、7年、10 年債を発行したので、ドル建て債は長期である必要はないだろう。 ユーロ建て3年債で70億ユーロを調達し、さらに40億ユーロ相当 をドル建てで発行すれば、5月の資金需要は賄える」と話した。

ギリシャ国債は3日続落。ロンドン時間午後5時53分(日本 時間4月1日午前1時53分)現在、2年債利回りは22ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇し5.27%。10年債のドイツ 国債との利回り格差(スプレッド)は10bp拡大し343bp。英 銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) によると、29日起債の7年債利回りは6.37%と、発行時の6%か ら上昇している(価格は下落)。

クリストドゥル氏は、スプレッドが今年10-12月(第4四半期) までに200bp台の前半になることを望んでいると述べた。夏の終 わりまでに250bp前後にしたい考えも示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE