プレミアリーグのチームは貧乏-富は選手に直行、フェラーリに化ける

プレミアリーグはプロサッカー界 きっての金持ちリーグだ。しかし、イングランドの最上級リーグに所 属する20チーム中、13チームは赤字経営を余儀なくされている。

ウェストハムの共同オーナー、デービッド・ゴールド氏(73)ら 投資家たちは、リーグがチームの支出のコントロールに乗り出すべき だと考えている。

プレミアリーグは昨年、試合の放映権やチケットとグッズの販売 で過去最高となる20億ポンド(約2800億円)強の収入を得た。しか し富のほとんどはチームを素通りし、選手の懐に直行してしまう。マ ンチェスター・シティーなどのチームは、収入の95%もを、そっくり 選手に支払っている。各チームの年次報告書によれば、20チームの債 務は総額で20億ポンドを超える。

ゴールド氏はリーグの財務構造について、「悪夢以外の何物でもな い」と言う。「全くばかげた悪循環で、リーグは忘却のかなたへと向か っている」と指摘した。同氏は1月19日にデービッド・サリバン氏と 共にウェストハムのオーナーになった。

プレミアリーグの20チームは3年間で約25億ポンドの放映権料 を分け合っている。しかし、8000万ポンドの負債を抱えるポーツマス は先月、プレミアリーグ所属チームとして初めて破産申請した。

「利益を上げているところはほとんどない。こんなあり方が正し いはずはないだろう」とゴールド氏は机をたたきながら憤慨する。

「ランボルギーニやフェラーリ」

リーグは来シーズンから3年間の新たなテレビ放映権契約で30 億ポンドを確保しているが、支出を管理する措置がなければこの資金 もまっすぐに、選手たちの「ランボルギーニやフェラーリ」に行って しまうとゴールド氏は指摘する。

チェルシーのジョン・テリー、フランク・ランパード両選手の報 酬は1週間で最大15万ポンド。ロシアの富豪、ロマン・アブラモビッ チ氏が保有する同チームは2月、6570万ポンドの年次赤字を計上。 同 チームは2010年までに収支とんとんを目指すとしていた。

子供時代からのウェストハムのファンのゴールド氏は、支出を収 入の一定割合に制限したり、債務や選手獲得での移籍金についてのコ ントロールに合意できれば、各チームは利益を上げることができると 考えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE