東芝:液晶パネルのシンガポール工場を台湾AUOに売却へ

東芝は31日、液晶パネル生産子会社 「東芝モバイルディスプレイ(TMD)」の子会社全株式を台湾の液晶 パネルメーカー2位のAUオプトロニクス(AUO、友達光電)に売却 すると発表した。液晶パネルの海外生産から撤退する。売却に伴う今期 (10年3月期)業績予想への影響は「現在見直し中」としている。

売却するのはシンガポールにあるTMDの完全子会社「AFPD」 (資本金約4.7億シンガポールドル)。このシンガポール工場ではパソ コン向けに第4.5世代サイズの中小型液晶パネルを生産しているが、収 益確保が困難になっていた。4月末の基本合意、7月の譲渡完了を予定 している。従業員は約900人。

今後の生産は国内工場に集約し、携帯電話やスマートフォン、カー ナビなど単価の高い中小型液晶パネルに特化し、採算向上を図る。

東芝の31日終値は前日比5円(1%)安の483円。

--取材協力:Tim Culpan --Editor:Chiaki Mochizuki Fukashi Maruta

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 中島 三佳子 Mikako Nakajima +81-3-3201-8312 mikako@bloomberg.net Jason Clenfield +81-3-3201-2484 jclenfield@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Mikako Nakajima  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE