米農務長官:日米新政権は牛肉問題解決に向け「機会」提供-来週訪日

ビルサック農務長官は、米国産の 牛肉をめぐる日米の長引く貿易問題について、両国の新政権は解決に向 けた「機会」を生む可能性があるとの期待感を示した。

ビルサック長官は来週の訪日を前にワシントンで記者会見した。 日本は米国で最初の牛海綿状脳症(BSE、いわゆる狂牛病)の発症例 が明らかになった2003年以来、米国産牛肉の輸入を制限している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Alan Bjerga in Washington at +1-202-624-1857 or abjerga@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Enoch at +1-202-624-1842 or denoch@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE