豪ドル:対米ドルで3日ぶり反落-豪経済統計の予想外の悪化響く

オーストラリア・ドルは31日、米 ドルに対し3日ぶりに反落。豪州の小売売上高と住宅建設許可件数が 予想に反して減少し、政策決定会合を来週に控えたオーストラリア準 備銀行(RBA、中央銀行)に対する利上げ圧力が和らいだ。

ニュージーランド・ドルは対円で3日続伸し、2カ月ぶりの高値。 世界的に景気が回復する中で投資家は高利回り資産に向かうとの観測 が背景。豪統計局の発表によると、2月の豪小売売上高は前月比で

1.4%減少した。エコノミストらは0.3%増加(19人の予想中央値)を 見込んでいた。

RBCキャピタル・マーケッツのシニア通貨ストラテジスト、ス ー・トリン氏(香港在勤)は「小売売上高の数字が広い範囲で減少し たのは非常に悪かった」とした上で、「豪ドル相場は総崩れ状態だ。豪 ドルが過去数週間、堅調に推移した大きな要因は来週の利上げ期待だ ったことを考えると、この状態は続くと予想する」と語った。

シドニー時間午後1時53分(日本時間午前11時53分)現在、豪 ドルは0.5%安の1豪ドル=0.9155米ドル。前日のニューヨーク市場 では0.9197米ドル。対円では1豪ドル=85円37銭。前日は85円31 銭だった。

NZドルは対米ドルで1NZドル=0.7097米ドル。前日は0.7102 米ドルで、一時は19日以来の高値となる0.7132米ドルを付ける場面 もあった。円に対しては0.4%高の1NZ=66円17銭と、1月21日 以来の高値近辺で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE