米ゼロックス:マルケイヒー会長が引退へ-後任にバーンズCEO

高速カラープリンターで世界最大 手の米ゼロックスは、アン・マルケイヒー会長(57)が5月に引退す ると発表した。同会長は30年余りの長きにわたって同社に貢献した。

ゼロックスの30日の発表資料によれば、同会長は5月20日付で 退社する。昨年7月1日付でマルケイヒー氏からCEO職を引き継い だウルスラ・バーンズ氏(51)が会長を兼任する。

マルケイヒー氏は、数四半期連続の売り上げ減少に苦しんでいた 2001年にCEOに就任。翌年には会長に指名され、不採算事業からの 撤退や2万人以上の削減を通じて破たん回避に寄与した。

30日の米株式市場で、ゼロックスの株価は前日比4セント安の

9.69ドルで引けた。年初来では15%上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE