中国BYD:プラグインハイブリッド車、個人向け販売開始-深セン市

米資産家ウォーレン・バフェット 氏が出資する中国の自動車メーカー、比亜迪(BYD)は、深セン市 でプラグインハイブリッド車「F3DM」の個人客向け販売を29日に 開始した。中国政府は代替エネルギーを利用した自動車向け補助金の 支給に向けて準備を進めている。

販売価格は16万9800元(約232万円)。これはガソリンを燃料と するBYDのコンパクトカーで最も安い「F3」の2倍強に当たる。 政府や法人向けの販売は2008年12月に開始している。BYDによれ ば、F3DMは電力のみで約60マイル(約96.6キロ)の走行が可能。

F3DMの昨年の販売台数は48台。今後の販売実績は、中国政府 が検討している代替エネルギー車向け補助金により押し上げられる可 能性がある。年内には政府がこうした措置を発表すると見込まれてい る。バフェット氏率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイ はBYDに10%出資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE