豪州の2月の小売売上高と住宅建設許可件数、予想外に減少

オーストラリアの2月の小売 売上高と住宅建設許可件数は、いずれも予想に反して減少した。オ ーストラリア準備銀行(中央銀行)の一連の利上げで内需が抑制さ れつつある兆候がさらに示された。

豪統計局の31日発表によると、2月の小売売上高は前月比

1.4%減少。1月は同1.1%増に改定された。別の統計によれば、 2月の住宅建設許可件数は同3.3%減少した。

小売売上高の内訳は百貨店が3.9%減となり、衣類や履物、ア クセサリーの売上高も3.9%減少。一方、喫茶店やレストランの売 り上げは1.8%増加した。

JPモルガン・チェース(シドニー)のエコノミスト、ヘレ ン・ケバンズ氏は「豪中銀は最近のコメントで、既に実施された引 き締めに直面して家計部門がいかにして持ちこたえているかについ て懸念していることを示唆してきた」と指摘。「来週の政策決定会 合では確実にそれが再び議題に上るだろう」と述べた。

シドニー時間午後零時1分(日本時間午前10時1分)のシド ニー先物取引所の銀行間先物取引に基づいてブルームバーグが算出 したデータによれば、豪中銀が来週の会合で0.25ポイントの利上 げを実施する確率は54%と見込まれている。統計発表前は58%だ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE