宝印刷株が1年ぶり下落率、一転減益予想-上場企業数減で資料印刷減

有価証券報告書などのディスクロ ージャー関連資料を手掛ける宝印刷の株価が1年ぶりの下落率を記録し た。上場会社数の減少などを理由に、今期(2010年5月期)の業績予 想を下方修正した。本業のもうけを示す連結営業利益予想を増益から一 転減益に変更したことで、業績悪化が懸念された。

同社株は売り気配で始まり、午前9時10分、前日比5%安の735 円で売買が成立した。下落率は09年3月18日(6.6%)以来の高さ。

同社は30日、上場会社数の減少や価格競争の激化から売上高が予 想に達しない見通しとなったとして、今期連結営業利益予想を前期比 11%減の13億円に下方修正した。従来計画は同25%増の18億2000万 円と、増益を見込んでいた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE