米グーグル:検索サービス障害は中国ファイアウォールが原因

インターネット検索最大手の米 グーグルは、中国でのサービス障害は中国政府が管理するファイアウ ォールが原因だと主張した。同社はこれまで同社側での検索エンジン の変更によって障害が生じたと説明していた。

グーグルは30日の発表資料で、中国でのサービスがグーグル側 のその後の変更なしで現在正常化していることは、先の障害がファイ アウォールによって生じたことを示唆しているとの見解を示した。

同社はこれまで、29日以降の中国の多数のユーザーによる香港 版サイトでのネット検索の実行を妨げたのは自社の変更が原因だと説 明。検索ページのウェブ・アドレスに「rfa」という文字列を追加し たのが障害の原因で、「中国で以前からアクセスできない状態が続い ているラジオ放送サービスのラジオ・フリー・アジア(RFA)とこ れらの検索をファイアフォールが関連付けていた」としていた。「北 京五輪」などの表現を含む検索を実行するとエラーメッセージが表示 されていたという。

この日の発表によると、この変更は1週間前に実施したものであ り、「rfa」という文字列は現在、中国のファイアウォールにブロッ クされているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE