香港のハチソン:3G目標達成なら10年ぶり増配の可能性も-李会長

香港の資産家で複合企業ハチソン・ ワンポアの会長を務める李嘉誠氏は、10年ぶりに同社が増配を実施す る可能性があると語った。世界的な景気回復に伴い港湾事業が活況で、 小売り部門では過去最高益の更新が見込まれる。

李会長は30日、同社の2009年決算発表後の会見で、「今年の計画 を達成できれば、ハチソンの配当引き上げを検討する」と表明。「第3 世代(3G)事業の予想は昨年を上回るだろう。3Gが目標を達成す れば増配の可能性はある」と語った。

ハチソンが最後に増配を実施したのは2000年通期の1.73香港ド ルで、株主には翌年から支払われている。3G部門は7年余り赤字が 続いているが、今年は利払い・税引き前で黒字を確保するとの見通し を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE