ドイツの銀行、南欧向け債権で多額の損失も-IMF報告

国際通貨基金(IMF)は、ド イツの銀行が南欧向け融資の焦げ付きで多額の損失を被る可能性が あるとの見解を示した。

IMFは30日、「ドイツの銀行は引き続き海外リスクにさらさ れている」との報告書を発表。欧州一の経済大国であるドイツの銀 行は「米国やスペインでの商業用不動産投資や、もっと一般的に言 えば南欧での投資により大幅な損失を被る可能性がある」と指摘し た。

国際決済銀行(BIS)のデータによると、ドイツの銀行が抱 えるギリシャやポルトガル、スペインに関連した債権は昨年9月30 日時点で3308億ドルだった。これに比べ、フランスと英国の銀行の 債権額はそれぞれ3068億ドル、1563億ドル。

規模13兆ドルのユーロ圏経済の2.7%を占めるギリシャは、財 政赤字削減で苦戦している。同国の財政赤字は2009年に対国内総生 産比12.7%となった。これはユーロ導入以来最悪の水準で、欧州連 合(EU)が定める上限(対国内総生産比3%)を4倍余り上回っ ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE