モルガンSのローチ氏:中銀は「先制的」に利上げを-バブル回避で

モルガン・スタンレー・アジアの スティーブン・ローチ会長は、バブル発生を防ぐため、世界各国の中 央銀行は「先制的」に利上げを始めるべきだと述べた。

ローチ会長は30日、香港でのイベントで「私の考える正しい結論 は、将来こうした類の問題の発生を回避するため、われわれは先制的 になる必要があるということだ」と指摘。「金融政策の目的は混乱の収 拾ではなく、将来の混乱回避のため世の中の流れに逆らって行動する ことだ」と語った。

また、「危機のただ中に各国の中銀が設定した政策金利を現在も維 持するのが本当に適切なのだろうか」と疑問を呈し、「緊急事態から金 利はゼロに引き下げられたが、今は世界中の中銀が緊急事態は過ぎ去 ったとの見解を示している」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Chen in Hong Kong at +852-2977-6631 or bchen45@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Fergal O’Brien at +353-1-523-9524 or fobrien@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE