G20:銀行のバランスシート修復で取り組み強化必要-5首脳が書簡

世界20カ国・地域(G20)のオバ マ米大統領ら5カ国の首脳は、今回の金融危機後に一部の国際的な金 融機関のバランスシート修復に向けて「一段と取り組む」必要がある と訴えた。

オバマ大統領と韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領、ブラウ ン英首相、カナダのハーパー首相、サルコジ仏大統領は、他のG20首 脳にあてた書簡で、「金融システムへの信頼感は改善されたものの、一 部の世界的な銀行のバランスシートの健全性回復には一段の取り組み が必要だ。世界的な金融システムの脆弱(ぜいじゃく)性を残したま まにしたり、持続的成長を促進に必要な与信能力を限定することを避 けるためだ」と主張した。

次回G20首脳会議(金融サミット)がトロントで6月に開かれる のを前に、韓国大統領府が30日にこの書簡を公表した。ブルームバー グのデータによると、2007年に危機が始まって以来、金融機関による 評価損・損失は1兆7600億ドル(約163兆円)に達している。

5首脳は書簡で「始まったばかりの世界経済の回復は引き続き脆 弱な状態にある」と指摘し、「世界的な金融システムを強化し、すべて の国の持続的成長と繁栄を基盤とする一層力強い世界経済をつくるこ とがわれわれの目標とならなければならない」との考えを示した。

さらに、G20は世界金融システムの安定化と強化に向けて「着実 な進展をもたらしている」とし、銀行の資本と流動性の質と量を改善 するための規定を年末までにまとめる決意を今、示さなければならな いと呼び掛けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE