湾岸4カ国の中銀総裁、湾岸通貨委員会を開催-通貨統合実現へ前進

サウジアラビアとクウェート、カ タール、バーレーンの中央銀行総裁は30日、湾岸中央銀行の前身とな る湾岸通貨委員会の初会合を開き、単一通貨の実現に向けた一歩を踏 み出した。

サウジの首都リヤドで開かれた会合は、アラブ首長国連邦(UA E)が昨年5月に通貨統合計画から脱退して以降、初めての公式会議。 オマーンも単一通貨には参加しない方針を示している。委員会では単 一通貨導入に向けた工程表の検討に加え、参加4カ国の中銀総裁の中 から湾岸中央銀行の総裁が選ばれる予定。クウェートは単一通貨導入 の工程表が完了するには10年かかると予想している。

サウジアラビア通貨庁(SAMA、中央銀行に相当)のジャーセ ル長官は会合開催に際して、単一通貨の導入により湾岸諸国間の取引 が容易になると述べた。また、中東6カ国が加盟する湾岸協力会議(G CC)のアティーヤ事務局長は、UAEとオマーンに湾岸通貨委員会 への復帰を呼び掛けた。

-- Editors: Ben Holland, Karl Maier

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Camilla Hall in Abu Dhabi at +971-2-401-2542 or chall24@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Peter Hirschberg at +972-2-640-1104 or phirschberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE