欧州債:ギリシャ新発7年債、初日取引で下落-ドイツ債上昇

欧州債市場では、ギリシャ政府が 29日に起債したユーロ建て7年国債が取引初日となるこの日に下落 した。また、30日に突然実施した12年債の入札では、需要は募集額 の半分以下にとどまった。資金調達でギリシャの苦戦が続くとの懸念 が背景。

昨日起債された50億ユーロ(約6230億円)相当の7年債の利回 りはロンドン時間午後4時28分(日本時間31日午前零時28分)現在、

6.27%で取引されている。発行日前取引では6%だった。ABNアム ロ・バンクによると、同年限のドイツ国債との利回り格差は約30ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大の363bp。ギリシャ10 年債も下落した。

ギリシャはこの日、12年国債の入札を予想外に実施した。10億ユ ーロの上限に対し、調達額は3億9000万ユーロにとどまった。ノム ラ・インターナショナル(ロンドン)のシニア債券ストラテジスト、 チャールズ・ディーベル氏は、「不幸なことだが、ギリシャ債のスプレ ッドがここからさらに縮小すると投資家はほとんど信じていないのが 現実だ」と述べた。「今日の入札が市場からの圧力緩和に役立つと誰か がギリシャに助言したのだろうが、応札額はギリシャの期待を下回っ ただろう」と話した。

29日起債の50億ユーロの7年債に対しては60億ユーロ相当の注 文があった。応募倍率は3月4日の10年債発行時(3倍)を下回った。 ギリシャの公債管理責任者のペトロス・クリストドゥル氏は昨日、4 月分の資金は確保したと述べていた。

WestLBの債券ストラテジスト、ジョン・デービーズ氏は、 この日の入札は「前日に7年債を銀行団のシンジケーションを通じて 迅速に販売しただけに、市場を若干驚かせた」と述べた。予想外の入 札は「安全な投資先としてドイツ国債の支援要因となり、ドイツ債と ギリシャ債のスプレッドを再び拡大させた」と付け加えた。

CMAデータビジョンによると、ギリシャ債のクレジット・デフ ォルト・スワップ(CDS)スプレッドは20bp上昇して335.5bp と、約1週間ぶりの高水準を付けた。

この日の独10年債利回りは3bp低下し3.11%。同国債(表面 利率3.25%、2020年1月償還)価格は0.21ポイント上げ101.15。独 10年債相場はこのままいけば1-3月期は四半期ベースでプラスと なる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE